050-3187-6564
受付時間/ 平日11〜19時
全てのユーザーを不正ログインから守る
全てのユーザーを
不正ログインから守る

後回しがちな不正ログイン対策

こんなお悩みありませんか?

不正ログイン対策が
できていない
セキュリティ強化で
ユーザーが離れてしまった
2段階認証の
設定率が低い
不正ログイン対策が
できていない
セキュリティ強化で
ユーザーが離れてし
まった
2段階認証の
設定率が低い

クラウド型MFA「Locked」がお悩みを解決

担当者不在でも、不正ログインに瞬時に対応

クラウド型MFA「Locked」がお悩みを解決

担当者不在でも、不正ログイン
に瞬時に対応

不正ログインは瞬時にブロック
怪しいログインはユーザーに認証を要求
安全なログインは二段階認証がスキップされます

セキュリティは向上してUXはそのままに

怪しいログインの時だけ、ユーザーへの認証が要求されます。

Locked導入後のログインフロー
Locked導入後のログインフロー

Locked3つの特徴

不正ログイン防止の効果は従来の10倍*
Lockedはユーザー側の設定が不要なので、全ユーザーのセキュリティが強化できます。二段階認証と比較して10倍の効果が期待できます。
導入は簡単。数行のコードを追加するだけ。
Lockedが簡単に導入できるSDKがあります。お客様のご要望に合わせたSDKの開発も可能です。
セキュリティは向上してUXはそのままに
Lockedは本当に必要な時だけユーザーに認証が要求されるため、セキュリティ強化による離脱を防ぐことができます。
※不正ログイン防止の効果は10倍:Google アカウントユーザーの二段階認証の設定率(2016年時点)10%未満と比較した場合、Lockedは設定率が100%となることから、10倍と表記しています。* 参考:二段階認証の設定率

Lockedが防げる不正ログイン

個人情報無差別にパスワードを組み合わせてログイン
ブルートフォースアタック
不正に入手したID・パスワードリストでログイン
パスワードリスト攻撃
IDとパスワードが同じアカウントにログイン
ジョーアカウントアタック
個人情報無差別にパスワードを組み合わせてログイン
ブルートフォースアタック
不正に入手したID・パスワードリストでログイン
パスワードリスト攻撃
IDとパスワードが同じアカウントにログイン
ジョーアカウントアタック

「分かりづらい不正」を見のがしません

ファイヤーウォールをすり抜ける可能性のある低速攻撃や精度の高いなりすましも、Lockedなら防ぐ事ができます。

サービスに合わせて
カスタマイズが可能です

個人情報保護
全ユーザーの個人情報をマスキングして管理します
個人情報を一切預からない設定も可能です(オプション)
※ここの個人情報とはお客様のメールアドレス・電話番号を指します ※GDPRで定義している個人情報は含まれませんのでご注意ください。 ※オプションは別途お見積もりにて
認証画面をカスタム
認証画面、メール画面はフルカスタムが可能
カスタム不要なデザインテンプレートも用意
※フルカスタムの場合はお客様側での実装工数が発生致します。
多要素認証の条件をカスタム
認証時の条件をカスタムすることができます
選べる認証方法
ユーザーへ認証が必要な場合の、認証方法を選ぶことができます 現在はSMS認証、メールリンク、 6桁の番号での認証が可能です

充実のサポート

導入時の無償
技術サポートあり
開発者向け
ドキュメントあり
保証稼働率99.9%保証の
SLA有り

たった数行のコードの追加で導入できます。

バックエンド
フロントエンド
RUBY SDK

            gem 'locked-rb'
            result = locked.authenticate(
               event: '$login.attempt',
               user_id: "user#{user.id}",
               user_ip: request.remote_ip,
               user_agent: request.user_agent,
               email: user.email,
               callback_url: 'http://sample.com/load' # optional
             )
            puts result[:action]
            # => "allow", "verify" or "deny"