不正ログインに対する
最高のソリューションです

たった数行のコードで
ユーザー毎に最適化された2段階認証・多要素認証
が導入できます。

2段階認証以上の防御力

複数の要素でチェック

ムダな手間は一切無し

認証は必要な時だけ

導入ハードルが低い

無料診断アリ、実装もカンタン

Lockedとは何ですか?

Lockedとは 使い勝手を悪くせずに不正ログインを防止できる、非常に便利なセキュリティ対策サービスです。

SDKの導入とたった数行のコードを埋め込めば、直ちにログイン端末や位置情報などを記録。それらを元に本人らしさを判定し、不正利用の疑いが高い場合のみ2段階目の認証を要求します。

Lockedを利用する6つのメリット

手間・料金・UX悪化を理由に、蔑ろにされる傾向があるセキュリティ対策を、Lockedなら手軽に実現できます。

2段階認証より強固

通常、2段階認証は不正ログインの確率を99%排除できると言われています。 この2段階認証に加え、Lockedは多要素認証を併用しているため、より厳密に本人らしいかどうかを判定することができ、セキュアな認証を構築できます。

月間利用会員 ¥1〜

Lockedはサービスの品質に満足いただき、継続利用して頂けているため、「初期費用なし・完全従量課金制・無料診断あり」とまずは気軽に導入頂けき、かつ長期的に無理なく利用可能な料金・サービス体系にしております。

導入実装がカンタン

Lockedが用意する専用のSDKを組み込み、数行のコードを追加するだけで導入が完了します。通常お打ち合わせから30日以内で実装部分も含めて導入が完了します。また、サーバーサイドのみの導入も可能となっています。

使い勝手を維持

Lockedは、機密情報を暗号化した上で、ログインしようとした人の多様な情報を記録し、多要素認証を開始します。 多要素認証を用いることで、本人らしいログインの場合は追加の認証不要で、従来のままの使い勝手でご利用頂けます。

SLAも可能

ログイン・認証部分のシステムは、ダウンしてしまうと直に使い勝手や売上に影響してしまいます。そのため、Lockedを安心して導入頂けるよう、ダウンタイムやサーバーレスポンスについてSLAを結ぶことができます。

多業種に対応

LockedのソリューションはB2C事業者、SaaSなどのB2B事業者、更には非IT事業者や官公庁の内部システムまで、大切な情報を扱うシステムの認証基盤には、幅広く対応する事ができます。

全ての事業者に導入が必須です

社内の機密情報は保護は勿論ですが、顧客の個人情報が流出すると1件辺り平均3万円弱の補填が必要になります。業態に関係なく、ITを活用されている事業者には不正アクセス対策が必須です。

B2C事業、B2B事業、社内システムの全てに導入が可能


今なら無料で不正アクセス診断ができます

電話でのご対応やチャットでのサポートも受け付けております。
納得するまで、皆さんのセキュリティ対策をサポートさせていただきます。

どこよりも手軽に導入できます

SDKを導入したった数行のコードを追加することで、すぐに無料診断・導入ができます。

また、導入に際して発生する開発の知見やリソースの共有・コンサルティングなどは無償で行わせて頂きますので、開発体制が十分ではない方も安心してご利用頂けます。

実装も含めて、導入に1ヶ月もかかりません

革新的な不正ログインの検出方法

Lockedを導入することで、日々のログイン時に取得できる多様なデータから、特殊なスコアリング手法を用いて本人らしさを割り出します。

位置情報や端末情報は勿論、機械的な挙動がないか、過剰なアクセスがないかなども瞬間的に割り出し、全自動で不正ログインの検知が可能となります。

機密情報はマスキングを行いつつも、セキュリティリスクを徹底排除します


まずは無料で不正アクセス診断を

Lockedを認証に組み込まずに不正ログイン・不正アクセスの可視化を行う「不正アクセス診断」の用意があります。

認証時にユーザーには一切の影響がなく、リスクの高い認証が今のアプリケーションの状態でどの程度発生しているかを可視化します。

無料の不正アクセス診断で、現状を正しく把握しましょう


様々な業種で導入が可能です

以下はほんの一例です。まずはお気軽にご相談ください。

社内システム

機密情報が保存されている社内システム。セキュリティ対策を行うも、業務上蔑ろになっている部分があるのではないでしょうか?Lockedならそれらも対策可能です。

法人向け事業者

機密情報を多く扱う法人向け事業者は、無策ではインシデント発生時に非常に非難を浴びる事になります。また、セキュリティ対策は営業時もポジティブに働きます。

ECサイト

不正アクセスに基づくチャージバックの防止や、流出すると高額な補填が必要なクレジットカード情報などの流出を防ぐ事ができます。

フィンテック

機密情報を多く扱う金融領域。オンラインでの不正送金、ATMや仮想通貨取引所などへの悪質なハッキングへの対策も行います。

ポイントサイト

悪質なアカウントの乗っ取りによる、不正なポイントの利用・交換を未然に防ぎます。不正ログインの対策は、マネーロンダリングなど重大な犯罪の防止にも繋がります。

トラベル

不正ログインによるマイルの利用・高価な航空券の購入や宿泊施設の予約を未然に防ぎます。結果的に貴重な売上の機会損失を予防できます。

チケットサイト

昨今問題になっている転売問題にも終止符を打つことが出来ます。botによる機械的な注文などを事前に防止し、公平なチケットの販売や売上の増加が見込めます。

官公庁

多くの個人情報、機密情報を取り扱う官公庁の内部システムにも導入可能です。年金情報の流出事件などからも分かる通り、全部門に導入が必須です。