fbpx

ローコード開発とは?部門でも使えるITシステムを活用した業務改善手法

blank

ローコード開発とは、プログラムをほとんど書かずにITシステムを開発できる仕組みです。とはいえ従来のITシステム開発のように仕様を決めてゼロからソースコードを作り上げる開発ではありません。既にあるITシステムのプラットフォームに機能を追加するのがローコード開発です。

とはいえビジネスにクラウドサービスを活用する今の時代、既に実績のあるプラットフォームを活用し、さらに自社のビジネスに合わせて効率的な使い、他社と差別化するのがポイントです。ローコードはそういった用途に最適な仕組みです。今回はローコード開発に興味を持つ方のために、その特徴と使用例について紹介します。

ローコード開発とは

ローコード開発とは、ITシステムの開発手法の1つで、少ないソースコードで短期間にITシステムを作れるプラットフォームを利用する仕組みです。GUIの開発環境を利用し、プログラミングスキルの無い方でも少しの努力でオリジナルなITシステムを開発できます。

しかしメリットだけではなく、作りたいITシステムがプラットフォームに依存する、といったデメリットもあるので、どんなITシステムでも作れる訳ではありません。とはいえプログラミングスキルの無い方でも使えて、短期間で開発が可能なことからエンドユーザーが利用するケースも多く、DXを実現する手段として注目されています。

まずはローコード開発が注目される理由を解説します。

EUCとの違い

EUCという言葉を聞いたことがあるでしょうか。EUCとはエンドユーザーコンピューティング(End User Computin)gの略で、企業などのITシステムを利用する事業部門などの社員が自分達の使うITシステムを自ら作成し運用することを指します。

担当者が必要としているITシステムを業務に詳しい担当者が自ら作成することからEUCで開発したITシステムの導入効果が高く、業務の効率化に貢献できる方法です。とはいえ社員なら誰でもEUCに取り組める訳ではありません。高いITリテラシーに加えてプログラミングスキルも必要でした。そのため適切にメンテナンスされずに使われなくなった仕組みがたくさんあります。

その点ローコード開発では、必ずしもプログラミングスキルを必要とせず、誰が見ても解りやすいGUIな開発環境が特徴です。そのためかつてのEUCと違い、継続してメンテナンスすることが可能です。

DXを実現する手段

ローコード開発はDX(デジタルトランスフォーメーション)を実現する手段としても注目されています。なお、DXとは、スウェーデンのエリック・ストルターマン教授によって提唱された「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という概念です。この概念を2018年に経済産業省は、データとデジタル技術を活用する企業の取り組みとして再定義したことで注目され、これまでに多くの企業がDXに取り組んでいます。

そしてDXの成功例としてAmazonのWebを使った販売方法などが紹介されますが、日本ではかけ声だけでうまくいったいないのが現状です。そしてDXが進まない原因の1つは、DXを実現するITシステムの構築に時間がかかりすぎるうえ、柔軟性に欠けるため利用されない点などが指摘されています。

その点ローコード開発は、開発期間が短くて済み、変化に合わせて柔軟に修正することが可能です。そのため現場の担当者が中心となってDXを実現できる方法として注目されています。

情報システム部門による管理も必要

先ほどローコード開発をかつてのEUCと比較して紹介しましたが、現在業務に利用されているITシステムは、従来の企業の基幹システムばかりではありません。インターネット上に公開されているWebサービスやRPA(ロボティックプロセスオートメーション)iPaaSなどのシステムも多くの企業で利用されています。

今後、このような部門が独自に利用するシステムにローコードが加わることになるかもしれません。ローコードで扱われる情報のセキュリティ対策や既存のITシステムとの連携も必要になるでしょう。そのため情報システム部門としては、部門がローコード開発によって作成したITシステムを管理する方法についての検討も必要です。

ローコード開発の特徴

ローコード開発の特徴とは、先ほど説明したように少しのプログラムを追加するだけでITシステムを作れる点です。とはいえゼロから仕様を決めて作れる訳ではありません。既にあるアプリを利用し、それに自社の業務で必要な機能を追加したり、処理を自動化する際にローコード開発を利用します。

そのためローコード開発とは、大企業の情報システムのような長い期間をかけゼロから作られるITシステムではなく、アプリを購入して自社でカスタマイズしたITシステムが近いかもしれません。次からローコード開発の特徴について紹介します。

既存のITシステムの問題点

多くの企業がITシステムを導入していますが、全ての部門の業務をカバーできてはいません。部門固有の業務にITシステムを利用できないため、Excelで別に管理する仕組みがあり、事務手続きも手作業の処理が幾つも残っています。

かつてEUCとして部門の担当者がExcelとITシステムを連携して活用することがもてはやされました。しかし部門毎にある特殊な処理はExcelを利用した手作業で処理するのが一般的です。

そしてこれが既存のITシステムを使っていても効率的な事務処理ができない問題点です。そして、この問題を解決する方法の1つがローコード開発です。

Webサービスを活用したITシステム

現在、多くの企業でクラウドサービスを利用していますが、そのサービスを必要としている部門が導入しているケースが多く、既存のITシステムと連携しているケースは多くありません。

そのため既存のITシステムに登録したデータをクラウドサービスにも登録が必要といった二度手間なケースをよく聞きます。企業によっては、RPAを利用して二度手間な処理を自動化しているケースさえあるくらいです。

またWebサービスはクラウド上の様々なAPIと連携する仕組みを持つものもあります。APIさえ準備できれば既存のITシステムと連携できるWebサービスも実現可能です。これなら二度手間な処理をWebサービス側で解消できるかもしれません。そして、そのような可能性を持っている仕組みがローコード開発です。

ローコード開発とノーコード開発の違い

ローコード開発に似た言葉にノーコード開発があります。ローコード開発は少しとはいえプログラムを作成しますがノーコードはプログラムを記述しません。このように全く別の仕組みです。

それならノーコード開発ならプログラミングスキルが全く無くてもITシステムの開発が可能では、と思われるかもしれません。しかし、ローコード開発にはデメリットもあるので注意が必要です。次からローコード開発とノーコード開発の違いについて解説します。

ノーコード開発のメリットとデメリット

ノーコード開発とは、その名称のとおりプログラムを全く書かずにITシステムが開発できる仕組みです。そのためプログラミングの知識の無い現場の方でも使えます。ただし、あらかじめ用意された機能を組み合わせるだけなので、自由度は高くありません。そして特定の用途のアプリを自動実行する、といった使い方が可能です。

このようなノーコード開発のメリットを活用するには、ノーコード開発が可能なアプリに合わせた用途に限定して導入することです。

なおノーコード開発と違いローコード開発では、プログラムによってある程度拡張が可能なため、適用可能な用途が広い仕組みです。ただしこの機能を活用するにはプログラミングの知識などが必要なため、ノーコード開発に比べると難しい仕組みと言えます。

ローコード開発をノーコード開発はどちらがいいか?

ローコード開発とノーコード開発は、どちらも使い易いグラフィカルなブロックを組み合わせるだけでプログラムが作れる仕組みです。そしてローコード開発ではプログラムを組んで拡張機能を利用する、といった使い方が可能ですが、ノーコード開発ではそのようなカスタマイズができません。

なおどちらもプログラミングスキルを習得したエンジニアでなくてもITシステムの開発が可能な仕組みため、現場の担当者でも使える点は同じです。

ただし、ローコード開発やノーコード開発が可能なプラットフォームの機能が、今の業務に合っているとは限りません。業務に合わないノーコード開発の仕組みを無理に使うのは不便です。その点ローコード開発は拡張機能を利用して自社の仕組みに合わせたITシステムを構築可能なため、ローコード開発の方が広い用途で利用可能です。

プログラミングが苦手ならノーコード開発を

先ほど紹介したように拡張機能の利用を前提としたITシステムの開発ならローコード開発にメリットがありますが、使いこなすにはプログラミングスキルが必要です。

しかし、仕事のやり方をクラウドサービスの利用を前提に見直し、さらに新規のITシステムを導入して業務のやり方を効率化する予定なら、ノーコード開発のプラットフォームを検討してください。

ノーコード開発はプログラミングスキルの無い方でも仕事のやり方に合わせたITシステムの開発が可能です。実際にアメリカの多くの企業ではそうやって効果を上げています。

なお、ローコード開発も基本的な考え方は同じです。今のやり方に合わせるための拡張機能を使うのではなく、ローコード開発のプラットフォームのやり方に仕事のやり方を合わせて、不足している機能をローコード開発で追加することも可能です。

ローコード開発の例

ローコード開発は既に多くの企業で利用されています。とはいえローコード開発のためのプログラミング言語とそれを利用する仕組みはありません。アプリの機能としてローコード開発が可能な仕組みが組み込まれています。そのためそういったアプリを導入したら、ローコード開発で自社の要求に合わせて機能を拡張する、といったことが可能です。

次からローコード開発を活用した例を紹介します。

脱Excelの業務改善に

脱Excelというキーワードをご存じでしょうか。今の事務処理に表計算ソフトが欠かせません。そして最もよく使われている表計算ソフトがマイクロソフト社のExcelです。とはいえ、なぜこの帳票作成にExcelを使うのか解らない、というケースをよく見かけます。もっと効率の良いアプリがたくさんあり、ローコード開発を活用すればさらに事務作業の業務改善が可能です。

なお脱Excelと言っても完全にExcelを無くす訳ではありません。Excelはたいへん便利なアプリであり、いろいろな用途で利用できます。しかし、やることが決まっている定型業務をExcelで手入力しているのなら、ローコード開発のプラットフォームを利用してください。

Excelの代わりにBIツールを活用する

Excelには作成した表の数値からグラフを作成する機能があり、ビジネスではいろいろな用途で使われます。しかし、毎回Excelのグラフ作成機能を使って手作業で目的のブラフを作ってはいないでしょうか。そのような方はBIツールを活用し、グラフ作成処理をプログラムして効率化してはいかがでしょうか。

なおBIツールとは、ビジネスインテリジェンスツール(Business Intelligence Tool)のことで、企業の基幹システムなどのITシステムに蓄積されたデータを分析したり可視化するのに使われるアプリケーションです。単体でも使えるのですが、ローコードでAPIを組み込むことで他のITシステムと連携し、分析やグラフ作成の自動化が可能です。

もしExcelを使った業務分析やグラフ作成に時間がかかっているようなら、ローコード開発が可能なBIツールを検討してください。

Webベースの業務アプリを活用する

近年、会社の事務所だけではなく自宅などでも仕事ができる環境が整ってきており、テレワークが定着している企業も増えています。そのような企業ではWebベースの業務アプリを活用しています。

なお、Webベースの業務アプリとは企業の基幹システムが管理しているデータなどと連携し、クラウド上に構築されたデータベースを活用することで、Webブラウザから利用できる業務システムのことです。インターネットに接続する環境さえあれば、どこででも業務が可能となるアプリです。

そしてWebベースの業務アプリではクラウド上に作られた複数の機能をまるでブロックを組み合わせるように利用できます。そして機能の組み合わせに使われるのがローコード開発です。日本ではサイボウズ社のkintoneが有名ですが、自社の業務に合ったWebベースの業務アプリを探してみてください。

終わりに

これまで紹介したようにローコード開発とは、プログラムをほとんど書かずにITシステムの開発が可能ですが、使える機能がプラットフォームに依存するので、どんなITシステムでも作れる訳ではありません。とはいえ部門で必要としている仕組みを自分達で作れるのはメリットです。このメリットを活かしてローコードを使った業務の効率化を目指してください。