fbpx

モバイルワークとは?在宅勤務との違いや導入ポイントを解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モバイルワークとは?

場所や時間を問わず仕事を行い、業務効率改善や働き方改革を実現します。
外部からアクセスできるネットワーク環境が整っていれば、カフェ・サテライトオフィス・顧客先・テレワークなどオフィス外でもノートパソコンやスマートフォンを活用して業務を進められます。

外出機会が多い営業職や顧客先に常駐して仕事を進める機会も多いエンジニアなどの方々に、モバイルワークの導入が進められています。

モバイルワークは在宅勤務やサテライトオフィスワークと何が違うの?

モバイルワークとの違いや特長をまとめました。
在宅勤務は働く場所を自宅に固定するため、介護や育児と平行しつつ自宅で仕事をしたい方にとっては大きなメリットがあります。

また、サテライトオフィスワークは地域を問わない働き方や能力重視の人材確保を行える点がメリットとして挙げられる一方、複数の企業で共同利用するシェアオフィスやコワーキングスペースの場合は情報漏洩のリスクが高くなるため、企業同士の信頼関係が必要になります。

モバイルワーク・在宅勤務・サテライトオフィスワークの特徴

モバイルワーク 在宅勤務 サテライトオフィスワーク
主な特徴
  • ネットワーク環境さえ整備されていれば、カフェや顧客先など働く場所は自由
  • 移動中や商談の合間に作業可能
  • 働く場所は自宅に固定
  • 小規模オフィスや遠隔勤務地専用の施設で業務を遂行
  • 複数の企業で共同利用するシェアオフィスも選択可能
メリット
  • 業務効率改善
  • 移動費・移動時間の削減
  • ワークライフバランスの向上
  • 結婚や出産による優秀な人材の流出防止
  • 自分のペースで業務遂行が可能
  • 職場の人間関係によるストレス軽減
  • 通勤による疲労蓄積回避
  • 感染症疾患のリスク軽減
  • 地域に囚われない優秀な人材採用が可能
  • 業務効率改善
  • 地方での雇用創出
  • 通勤時間・移動の削減
  • 育児や介護に掛ける時間の創出
  • 他企業との人材交流活性化
デメリット
  • 情報漏洩リスクが向上
  • 正確な労働時間の把握が困難
  • 対面コミュニケーションの減少
  • 内部漏洩のリスク向上
  • 通信環境の整備が必要
  • 同僚や上司とのコミュニケーション機会減少
  • 勤怠管理が困難
  • セキュリティ対策の強化が必須
  • シェアオフィスの場合はデータ盗取・盗聴のリスクも向上
  • コミュニケーション機会の減少
  • 自己管理不足による生産性低下

モバイルワークに適した4つの職種とは?

外出機会が多い職種や一人で作業を完結できる職種がモバイルワークに向いています。

営業職

売上目標達成や目標に対しての達成率など数字を重視する評価体制が取られるため、社内にいる必要性はさほど高くありません。
そのため、顧客との商談・打ち合わせ・プレゼンなど売上を上げるために顧客との接点や時間を多く持つことが必要で、必然的に外出機会が多くなります。
モバイルワークができる環境を整えることで、商談の合間にカフェやファストフード店で資料作成・メールチェック・情報収集などを行い、作業効率改善やオフィスに戻る必要性を無くします。

オフィスに戻る必要性を下げることで多くの顧客に回れる他、直行直帰が可能になり効率的な働き方が実現可能です。
既に多くの企業でテレワークは導入されていますが、現在は新型コロナウイルス感染拡大で対面商談に抵抗感を覚える方が少なくありません。
今後は自宅やサテライトオフィスでのビデオ会議による商談が増加すると予想されます。

エンジニア

アプリのプログラミング・ソフトウェア・システム開発など、主にWeb開発を担当するエンジニアに導入が可能です。
自分のPCだけで作業が完結するだけでなく、納品物の質で評価が決まってくるため業務の進捗管理・勤怠管理などにさほど悩む必要がありません。
設立して歴史が浅く若手社員の在籍割合が多いベンチャー企業やスタートアップ企業では、積極的に導入が進められています。

ただし、顧客先に赴きシステムの不具合修復や点検作業などを行うフィールドエンジニア、技術面の説明を顧客に行うセールスエンジニア、顧客やプログラマーとの調整も多いサーバーエンジニアなど、他の人と協力しながら作業を完結させていくエンジニアの場合、導入効果は限定されます。

デザイナー

Web・建築・グラフィックなど様々な分野で活躍するデザイナーもエンジニアと同様、納品物で評価が決まってくるため業務の進捗管理にさほど悩む必要ありません。
また、デザインの指示書やデザインデータの共有はデザインツールを利用してオンラインで行っている企業も多く、これからリモートワークを導入する場合もスムーズに対応できます。
同僚・上司・取引先とのコミュニケーションもSlackやChatWorkなどを導入すればスピーディーにコンタクトを取ることが可能です。

そして、現在はクラウドソーシングでの案件も増えてきており、フリーランスで活躍する方々の増加も予想されます。
モバイルワークに留まらず、在宅勤務やコワーキングスペースを活用したサテライトオフィスワークを利用しての働き方を選択する方も増えるでしょう。

ライター

パソコンを持ってインターネットを利用できる環境にいれば一人で作業を完結できるため、リモートワークとの相性が非常に良いです。
文章・表現の上手さや納品日までに確実に納品できるかなど納品物ベースで評価が下されるため、管理項目が少ない点もポイントです。
企業と直接会わなくてもコミュニケーションツールやメールで頻繁に連絡を取り合っていれば、さほど問題は発生しません。

近年、クラウドサービスでの案件が増加傾向にあるだけでなく、エンジニアやデザインほど専門的な技術や知識を有していなくても仕事をこなしながら技術を習得できます。
本業として活躍している方はもちろん、現在会社員として働いている方が今後クラウドサービスを利用し副業として収入を得ることも可能です。

モバイルワーク導入においての3つのポイントとは?

内外部のセキュリティ対策の強化、勤怠管理システムの整備が今後は重要になります。

情報通信環境の整備

外部からスマートフォンやノートPCから社内ネットワークにアクセスできる環境を整備することがまずは必要です。
営業・デザイナー・エンジニアを抱える多くの企業は既にデバイス機器の支給やネットワーク環境の整備は完了していると考えられ、今後はセキュリティ対策の強化がメインになってくると考えられます。

また、カフェやファストフード店など外出先に使用する場合は第三者に画面を盗み見られるリスクや盗難・紛失リスクがあるため、社員に取り扱いの注意を徹底する必要があります。

セキュリティ対策の強化

外部にデバイス機器を持ち歩くことで情報漏洩のリスクは上がります。
盗難・紛失などの可能性だけでなく、不正アクセスのリスク軽減やサイバー攻撃への対策を強化しなければならないからです。

特に通信が暗号化されないHTTP(Hypertext Transfer Protocol)プロトコルで通信が行われる無料Wi-Fiスポットが設置されたカフェやファストフード店を利用した場合、第三者にデータ改ざん・盗取・破壊をされるリスクが高まるので注意が必要です。

また、現在リモートワークを実現させる手段として多くの企業に導入されている仮装ネットワークを利用したVPN(Virtual Private Network)は、脆弱性に課題を抱えており不正アクセスの侵入を許しやすい状態にあります。
そして、使用しているVPNベンダーで新たな脆弱性が発見された場合はすぐに修正プログラムを配布しないとVPNのセキュリティに関する脆弱性を突いた攻撃を行うゼロデイ攻撃の被害に遭い、復旧までに多大な労力と費用が発生します。

勤怠管理システムの整備

オフィスで直接仕事ぶりを監視できた状況とは異なり、外出先や移動中の仕事が増えるため労働時間の正確な把握が難しくなります。
そのため、勤怠管理システムの導入・勤怠管理に関してのルール設定・フレックスタイム制の導入検討など、様々な点に配慮した環境整備が必要です。
勤怠管理システムはクラウド上でベンダーがサービスとして提供しているSaaS(Software as a Service)を利用することで、低コストで効率的な運用が可能です。

また、子供の送り迎えや介護施設への訪問など業務から完全に離れる中抜け時間や規定時間内の休憩時間の扱いに対応するため、フレックスタイム制を導入しつつ部署やチーム内で明確なルールを決める必要があります。

勤怠管理のポイント

  • 正確な労働時間の把握
  • 中抜け時間の扱い方
  • 休憩時間の設定
  • 残業時間や休日出勤の扱い方
  • 見なし労働時間の適用有無

モバイルワークの安全性を高める3つの有効なセキュリティソリューションとは?

IDaaS、EDR、DLPの機能・導入効果を紹介します。

IDaaS

情報漏洩の原因の多くはパスワード設定の甘さを突かれた形でアカウント情報をハッキングされ、不正アクセスを許しています。
クラウド型のID管理サービスIDaaS(Identity as a Service)を導入することで、不正アクセスのリスク軽減に努めます。
IDaaSシングルサインオンアクセス管理多要素認証など、利便性と安全性を兼ね備えた機能を多数搭載しているのが特徴です。

社員やシステム管理者への負担を増大させること無く、認証機能を強化できます。
また、企業のクラウドサービス利用増加に伴い各ベンダーから様々な特徴のあるサービスが登場しており、豊富な選択肢から自社に合ったサービスを選択可能です。
30日無料トライアルで使い勝手や性能を確認することもできますので、有効に活用して導入の可否を検討してください。

基本機能

機能・特徴 導入効果
シングルサインオン
  • 特定のサービスやアプリでログインに成功した認証情報を活かし、入力作業せずにログインを実現
  • オンプレミスでも対応可能
  • 業務上のストレス削減
  • 作業効率改善
  • 利便性確保
多要素認証
  • 不正アクセスのリスク軽減
  • 偽造・コピーを防止
  • パスワード管理しなくてもログイン可能
  • スムーズな認証作業を実現
アクセス管理
  • 特定の場所や端末以外からのアクセスを制限
  • アクセス地点・時間帯・デバイス機器が普段と違う場合、多要素認証を要求可能
  • シャドーITによる情報漏洩のリスク防止
  • なりすましによる不正アクセスのリスク軽減
  • 精度の高い本人認証を実現
ID管理・連携
  • AD上で行ったアカウント情報を反映
  • 管理者の業務負担軽減
  • ライセンス費用削減
  • 情報漏洩のリスク軽減
ログレポート
  • アプリやクラウドサービスの利用状況可視化
  • アカウント情報の変更内容確認可能
  • 内部犯行への抑止力
  • サイバー攻撃や不正アクセスの有無確認
  • 自社のセキュリティ対策の見直し

EDR

スマートフォンやノートPCをエンドポイントと位置づけ、端末内のセキュリティ監視を行うEDR(Endpoint Detection and Response)を導入することでマルウェア感染やサイバー攻撃の被害を最小限に抑えられます。
ユーザーのアクティビティも監視するため、内部漏洩の抑止力として機能するだけでなく、不正行為を素早く発見することも可能だからです。
また、端末内のマルウェアを検知した場合は素早く隔離するだけでなく、感染経路の把握・分析を行います。
自社のセキュリティ対策においての脆弱性を把握することで、今後のサイバー攻撃や不正アクセスを防ぐ対策強化に役立てられます。

DLP

DLP(Data Loss Prevention)は企業にとって重要な機密情報と認定した情報のみを対象に、データのコピーや持ち出し制限を課するセキュリティソリューションです。
顧客情報・技術データ・社員の個人情報など機密情報の所在位置を自動で検出し、不正行為を働くユーザーがいた場合はアラートや実行キャンセルを行い情報の持ち出しを防ぎます。
監視対象を情報に絞ることで、管理者の業務負担軽減に努めます。

また、デバイス制御・Webセキュリティ・メールセキュリティなど多彩な機能を搭載し、情報漏洩のリスクを軽減しています。

機能・特徴 導入効果
デバイス制御
  • 外部からの不正アクセスやマルウェアを検知・ブロック
  • アプリ内の自動セキュリティ監視
  • ユーザーのアクティビティ監視を自動で実施
  • 端末内のデータファイル暗号化
  • 情報漏洩のリスク軽減
  • 内部漏洩対策
  • 管理者の業務負担軽減
  • 紛失・盗難の被害を最小化
システム運用・管理
  • ユーザー属性に基づいたアクセス制限を実施
  • 重要なファイルはさらに閲覧制限を絞ることが可能
  • 不特定多数の閲覧状態を解消
  • 内部漏洩対策
Webセキュリティ
  • 業務に関係ないWebサイトの閲覧を制限
  • HTTPプロトコルのWebサイトへの閲覧禁止
メールセキュリティ
  • 機密情報が添付ファイルや本文に含まれていた場合、送信キャンセル
  • スパムメールのブロック
  • 機密情報の保護
  • 内部漏洩対策
  • ビジネスメール詐欺対策
コンテンツ監視
  • データファイル内のユーザー行動をリアルタイムで監視
  • 内部不正の検知
  • 情報漏洩の防止
  • 被害の最小化
  • このエントリーをはてなブックマークに追加