fbpx

SKYSEA Client Viewとは?機能や特徴を解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SKYSEA Client Viewとは?

SKY社が提供するIT情報の資産管理に必要な機能を一つのソフトウェアにまとめたオールワンパッケージシステムです。
ソフトウェア資産管理・デバイス機器管理・ログ管理など多彩な機能を掲載し、コニカミノルタ・リコー・総務省など1万7,000近くの企業や組織で導入されています。
SKYSEA Client Viewの特徴は2007年の発売以来、ユーザー評価や社会情勢の変化などを考慮し毎年バージョンアップを行っている点です。

2020年のバージョンアップ内容は企業の情報漏洩事件が多発したこともあり、取引先に送るメールや共有フォルダへの自動暗号化など情報盗取のリスク軽減に向けての対策が発表されました。
現在、新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策や多様化する働き方改革に対応するため、企業や組織間でテレワークの導入やクラウドサービスへの移行が加速しています。
自宅やサテライトオフィスなど様々な場所で仕事が行えるようになる一方、犯罪者からのサイバー攻撃対策や内部漏洩に関しての対策を強化する必要があります。

企業にとって最も大事な資産の一つである情報を保護するための仕組みを強化するため、SKYSEA Client Viewをはじめとした情報資産管理システムが必要です。

SKYSEA Client Viewが持つ3つの特徴とは?

毎年新たな機能を追加しながら進化をし続けている点や豊富な機能を搭載している点が特長です。

豊富な機能を搭載

オールインワンパッケージシステムを謳っていることもありIT資産管理の管理はもちろん、情報漏洩対策・テレワーク支援・業務効率改善など多数の機能を搭載しています。
複数のセキュリティソリューションを導入する必要が無いので、コスト削減や効率的な管理が可能です。
また、デバイス機器やハードウェアの情報などを一元管理することで、管理者の業務負担を軽減します。

毎年バージョンアップを実行

ユーザーの声や社会の変化を丁寧に吸い上げ、毎年新たな機能が搭載されます。
現場や社会で求めている機能が搭載されることで利便性や安全性が向上し、社員にとっても安心感を持って今後も利用が可能です。
また、毎年何かしら変化があることで、「成果の見えづらいセキュリティ面への投資も決断してよかった」と経営者の投資満足度向上や継続的なセキュリティ面への投資を引き出す要因にもなります。

情報資産を守る対策を豊富に搭載

外部からのサイバー攻撃マルウェア感染への対策はもちろん、内部犯行に対しての対策も様々な機能が搭載されています。
情報漏洩の被害総額は年々深刻さを増しており、2020年8月に日本IBMが発表した調査では1度情報漏洩が起きると業務の復旧やビジネス機会の損失も含め、約4億5,000万円の被害総額になると発表しました。

2020年には三菱電機、カプコン、NTTドコモなど多くの企業で情報漏洩が多発しており、各企業は情報漏洩に対して敏感になっています。
また、現在はオフィスへの出勤がデフォルトでは無くなっており、以前には機能していた同僚や上司からの監視の目も期待できない状況です。
オフィスよりも自由度の高い自宅やカフェなどでの作業増加や多額の金銭的報酬が見込めることもあり、給料・待遇・人間関係などで不満を持った社員が情報を流出しても不思議ではありません。

そして、サプライチェーン攻撃に代表されるように自社の情報資産を守るだけでなく、取引先を守るためにもセキュリティ対策を強化することが必要です。

情報漏洩が起きた場合の影響 想定される実被害
内容
  • 取引先・顧客からの信用低下
  • 社員からの不信感増大
  • 企業ブランドの失墜
  • システム復旧までの時間・費用の損失
  • 莫大な経済的利益の損失
  • 取引量減少・取引停止
  • 蓄積したノウハウの流出
  • 市場での優位性損失
  • 社員の離職増加

SKYSEA Client Viewの機能とは?

SKYSEA Client Viewの基本機能やオプションの一部をまとめました。
毎年バージョンアップを行っていることもあり、多くの機能を搭載しています。

基本機能

機能 主な内容 導入効果
資産管理
  • ハードウェア・ソフトウェア資産管理
  • ワークフローシステム
  • クライアントPC・サーバー・ネットワーク機器からの情報収集・管理
  • 計画・導入・運用・破棄のサイクル構築と円滑な運用
  • USBデバイスやソフトウェアの利用申請・承認をWeb上のシステムで管理
  • 社員の属性に合わせてIT資産情報の内容の登録や更新を自動処理
  • ライセンス情報の適切な管理
  • ユーザー行動の可視化
  • 無駄なコストの削減
  • 業務効率の改善
セキュリティ管理
  • 企業が定めたセキュリティポリシーに違反する行為の検知・注意喚起
  • 業務と関連性の低いアプリ・Webサイトのアクセス禁止
  • USBメモリの使用制限
  • 資産管理台帳に未登録のPC接続へのアクセス検知・遮断
  • 内部漏洩対策
  • サイバー攻撃やマルウェア感染へのリスク軽減
  • 業務改善
デバイス管理
  • 個々のUSBデバイスにおける情報を台帳に自動登録
  • USBデバイスを部署単位やユーザー単位で使用制限が可能
  • 社外で編集されたファイルの持ち込み制限
  • ファイルの自動暗号化
  • USBデバイスの管理体制強化
  • 内部漏洩への抑止力
  • マルウェア感染防止
  • 管理業務の負担軽減
レポート
  • クライアントPC解析
  • 社員の作業時間管理
  • アプリ・Webサイト・ファイルサーバーへのアクセス状況解析
  • 経費削減レポート
  • 資産レポート
  • 不要なPCやアプリの削減
  • コストカット
  • 社員の健康状態管理
  • 特定の社員への仕事の偏り防止・業務負荷の改善
  • 業務効率改善
  • 情報漏洩対策
ログ
  • クライアント操作ログ
  • ファイルアクセスログ
  • Webサイト・アプリへのアクセスログ
  • 不許可端末ログ
  • ユーザー行動可視化
  • 内部不正の検知・抑制
  • 業務効率改善
  • サイバー攻撃や不正アクセスの有無確認
メンテナンス
  • 社員からの問い合わせにリモート操作で対応
  • IT機器障害情報の集約化支援
  • 電源制御をリモートで実施
  • アンケート・メッセージ配信
  • 複数の支社や支店からの要望へスムーズに対応
  • 作業効率改善
  • 省エネ
過重労働対策
  • ログ解析の利用
  • 勤怠システムとのデータ連携
  • 残業時間のレポート出力
  • 時間帯別使用状況解析レポート
  • 指定した時刻での自動シャットダウン
  • 定時前や業務時間外にアラート通知
  • 業務の偏り防止
  • ワークライフバランスの改善
  • 人事評価に反映
  • サービス残業の防止
  • ノー残業デー&残業時間削減の推進

オプション

機能内容 効果
サーバー監査
  • アプリケーション・セキュリティ・システムイベントログ管理
  • ログインに失敗したアクセスログの集計
  • 不正操作を検知した場合のアラート通知
  • サイバー攻撃や不正アクセスの有無把握
  • 今後のセキュリティ対策の見直しに活用
  • ユーザー行動の可視化
モバイルデバイス管理(MDM)
  • スマートフォンやタブレット端末の機能を一部制限
  • 各種端末の資産情報を一覧画面で管理
  • アプリケーションのインストールも制限
  • 情報漏洩リスク軽減
  • 業務効率改善
  • 社員のセキュリティ意識向上
セキュリティ対策強化
  • 他メーカーのUTM製品と連携
  • 特定フォルダ・共有フォルダへのアクセスを一括制限
  • 社内外のネットワーク制限
  • ソフトウェアの緊急配布
  • 脆弱性攻撃やDDos攻撃の予防
  • 外部アクセスによるマルウェア感染のリスク軽減
  • 社内ネットワーク侵入後も脅威の検知・隔離
  • 情報盗取対策

SKYSEA Client Viewが求められる理由とは?

適切なライセンス管理、セキュリティ対策の強化、テレワークへのスムーズな移行を希望している企業が増えていることが考えられます。

適切なライセンス管理

ソフトウェアは有償・無償問わず著作物であり不正使用をした場合は、著作権法を違法した罪に問われ罰金や懲役を課せられます。
そのため、制作者のライセンスを得て正しく使用しなければなりません。
ですが、ソフトウェアはスマートフォンやPCなどハードウェア機器のように実物と台帳を照らし合わせながら確認ができず、さらにライセンスの正当性を証明するには多くの時間とコストが掛かるため、効率的に管理する必要があります。

また、当然のことですが違法に使用したソフトウェアは、メーカーサポートを受けられません。
アップデートされた最新バージョンを利用できないため、犯罪者に脆弱性攻撃やマルウェア感染を受けるリスクが高まります。
情報漏洩が起きた場合は取引先・顧客からの信用低下や経済利益の損失など、深刻な被害を受けます。

そして、社員の異動・退職によって未使用となったライセンスを放棄していると余分なコストが発生するだけでなく、管理者の業務負担も増します。
コンプライアンスの順守やセキュリティリスクを回避するためにも、適切なライセンス管理が必要です。

ライセンス管理を行うメリット

  • 効率的なソフトウェア管理
  • ソフトウェアの不正利用防止
  • マルウェアの感染リスク軽減
  • 余剰ライセンスのコストカット

セキュリティ対策

サイバー攻撃やマルウェア感染の手法は年々多様化しており、情報漏洩を防ぐために企業は様々な点に配慮して対策を行わなければなりません。
特にファイアウォールやウイルス検知ソフトに掛かりにくいWindowsのPowershellを利用したファイルレス・マルウェア、突然使用しているPCが機能不全状態に陥るランサムウェアなど深刻な被害をもたらす攻撃が増加しています。

特にここ数年はランサムウェアの被害が世界中で増加傾向にあり、ダークウェブで料金を支払えば技術や知識が無い者でもランサムウェアを手にできてしまうRaaS(Ransomware as a Service)の普及が、非常に大きな要因だとされています。

SKYSEA Client Viewはデバイス機器の管理やログ機能を活用するのに加え、IPS/IDS・アンチウイルス・ファイアウォールなど多彩な機能を搭載するUTM(Unified Threat Management)、社員の利用するデバイス機器をエンドポイントと位置づけセキュリティ監視を行うEDR(Endpoint Detection and Response)などと連携します。
UTMやEDRは各メーカーが市場に提供している商品と連携するため、より強固なセキュリティ対策を行うことが可能です。

UTMの主な機能

  • ファイアウォール
  • アンチウイルス
  • IPS/IDS
  • アプリ制御
  • Webフィルタリング

EDRの主な機能

  • エンドポイント内のセキュリティ監視
  • 端末内のマルウェアの検知・隔離
  • 感染経路の把握・分析
  • エンドポイント内の行動可視化

テレワークへのスムーズな導入

新型コロナウイルス感染症の拡大防止や多様な働き方を目指した働き方改革に対応するため、在宅勤務やテレワークを導入する企業が増えました。
場所を問わない働き方を導入するにあたり自社で全てのネットインフラを揃えるオンプレミスからクラウドサービスを利用する企業も増えています。
オフィス勤務に囚われない働き方は社員と企業双方に多くのメリットを与える反面、セキュリティ対策や業務状況の見える化が課題でした。

SKYSEA Client Viewを導入することで、部署・ユーザー単位でのアクセス制限やファイルの自動暗号化、不許可端末ログなどを行い、不正アクセスやサイバー攻撃のリスク軽減に努めます。
また、USBメモリの使用制限やクライアントPCログ・解析を行うことで内部漏洩の抑止効果も期待できます。

一方、業務状況の把握に関してはログ機能を活用して、ファイル・Webサイト・アプリへのアクセス状況や起動の有無を確認します。
さらに、ログ機能や自動シャットダウン機能を活用して、特定社員への業務の偏りやサービス残業の常態化を避けます。

テレワーク導入による企業メリット

企業 社員
内容
  • 結婚や出産による優秀な女性社員の流出防止
  • 交通費・車のリース代・オフィス賃料のコストカット
  • 業務効率改善
  • 地域に囚われない採用活動が可能
  • 企業ブランドのイメージ向上
  • 通勤時間の有効活用
  • 満員電車による体力消耗の回避
  • 自分のペースで業務を遂行可能
  • 面倒な人間関係への気配りは不要
  • 人生の選択肢が拡大
  • 地方移住も可能

Ver.16で追加されたテレワーク向け機能

機能 導入効果
ログ解析レポート
  • 各社員の操作ログを集計・グラフ化
  • 勤怠・就業管理システムとの連携
  • 業務の進捗状況把握
  • 業務効率改善
  • 過重労働防止
  • サービス残業の防止
  • 業務に取り組んでいない社員の監視
残業時間レポート
  • 指定した期間の業務時間外のPC使用時間を算出
  • ユーザー・部署・チーム単位で可能
時間帯別使用状況解析レポート
  • 業務時間内ログオン・ログオフの確認
  • 早朝・深夜での作業有無確認
ユーザー操作時間レポート
  • アプリやWebシステムごとの操作時間算出
  • 社員の働き方を把握

まとめ

SKYSEA Client Viewは多彩な機能を搭載し、企業の業務効率改善や情報資産を守る仕組みの安全性強化など多くの面でメリットを望めることがわかりました。
ただし、多くの機能を搭載していることもあり、導入前に自社にとって本当に必要な機能がどの程度あるか吟味する必要があります。
既に別のセキュリティソリューションで情報漏洩対策やテレワークへの移行を進めていた場合は、機能が被ってしまう可能性があるからです。

セキュリティ分野への投資は導入効果が見えづらいこともあるため、慎重に判断してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加