fbpx

VPNクライアントアプリとは?必要性やおすすめのアプリを紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そもそもVPNとは?

VPN(Virtual Private Network)はオフィスから離れた場所でも社内ネットワークにアクセスするために、インターネット上に仮想の専用ネットワークを作ることです。VPNを利用することでデータ通信を暗号化し、第3者からの不正侵入やサイバー攻撃を防ぎます。

近年、在宅勤務やリモートワークなど場所を問わない働き方の導入、業務効率化改善に伴い自宅やカフェなど社外でのアクセス機会が増加しました。
そのため、オフィス以外の場所でも快適に安心して作業ができるような環境作りが求められています。現在多くの企業が社外からのアクセス環境を整備するためにVPNを利用して、リモートワークを実現しています。

VPNクライアントアプリが必要な3つの理由

VPNクライアントアプリが必要な理由は、外出先でのセキュリティレベルの確保と海外に行った際に不自由しないためです。

外出先でのセキュリティレベルの確保

スマートフォンにクライアントVPNアプリをインストールすることで、仕事とプライベート両面で役に立ちます。仕事ではオフィス外で仕事をする機会が多い営業マンが主にターゲットになります。

商談の合間で立ち寄るカフェやファミリーレストランなどで無料Wi-Fiを利用して、業務効率性向上のために事務作業やメールチェックなどを行うことが当たり前になりました。ただし、セキュリティ対策が十分にされていない店舗での作業は危険です。

セキュリティ保護が甘い店舗でスマートフォンを利用した場合、データ通信のやりとりやメールの内容が暗号化されず、丸見えの状態になります。自社や取引先関連の機密情報の情報流出のリスクが高まるので、VPNクライアントアプリを利用してデータ内容を確実に保護する必要があります。

一方、プライベートでは友人とのメッセージのやりとり、Web検索の行動パターン、オンラインショッピングの購入履歴などの情報が、第3者から閲覧しやすい状態になります。インターネットバンキングを含む銀行口座やクレジットカード情報といった重要な個人情報が流出する可能性が高まるので、VPNクライアントアプリを利用してデータを保護する必要があります。

海外でもSNSや動画配信サービスを利用できる

海外旅行でスマートフォンを使用するときにFacebookやInstagramなどのSNS、U-NEXTやAbemaTVなどのサブスクリプション式有料動画配信サービスが、セキュリティ対策のために利用できない場合があります。モバイルVPNを利用することで地域制限を取り払い、SNSや動画配信サービスを問題なく利用できる状態にします。

海外でオンラインショッピングが利用できる

モバイルVPNを利用することでデータ保護をしながら、海外でもオンラインショッピングを安全に利用できます。ただし、オンラインショッピングを利用する際は通信内容やメッセージ内容が暗号化される、HTTPS (Hypertext Transfer Protocol Secure) 通信が行われているサイトを選んでください。

鍵マークやURLが「https://」から始まるサイトが、HTTPS通信を行っているサイトの目印です。
HTTPS通信がされていないサイトで閲覧や買い物を行うとセキュリティ保護がされていないため、個人情報が流出するリスクが高まります。

VPNプロトコル3種類を紹介

OpenVPN、SSL-VPN、IPSec VPNの特徴を紹介致します。OpenVPNがクライアントアプリの利用にも優れているだけでなく、コストパフォーマンスや安全性の高さも光ります。

OpenVPN

OpenVPNはインターネットを通じて、誰でも無料で自由に利用できるオープンソースのVPNソフトウェアです。改変や複製、組み込みなどカスタマイズも自由に行えます。

また、PC向けのWindowsやLinuxだけではなく、スマートフォンのiOSやandroidでも利用できるVPNです。カスタマイズ性とコストメリットに優れたVPNプロトコルであり、スマートフォンでVPNクライアントアプリを使用するのに最も適した通信プロトコルだと言えます。

そして、OpenVPNは同じコードベースを使用しているため、異なるOSが混在しても接続障害が起きずにスムーズに利用できます。他にもOpenVPNは2002年に発売されて以降、重大な脆弱性が指摘されないまま安定稼働しており、セキュリティ面の安全性の高さも見逃せません。

特徴 メリット デメリット
内容
  • インターネット上から自由にダウンロード可能
  • 改変、組み込みなどカスタマイズが自由
  • 設定作業が簡単
  • 異なるOSが混在しても使用可能
  • 大きな脆弱性は未発見
  • 低コストで利用可能
  • ユーザービリティの向上
  • 特定のベンダーへの依存を回避
  • 簡単にVPNを使用可能
  • 安全性も高い
  • 主要ベンダーのネットワーク機器との連携が無い
  • ネイティブにサポートされていない

SSL-VPN

データ通信の内容を暗号化するSSL (Secure Sockets Layer)と呼ばれる技術を利用した通信プロトコルです。
2014年にGoogleが最新バージョンのSSL 3.0における脆弱性を発見し、現在はTLS(Transport Layer Security)が通信プロトコルとして利用されていますが、SSLの方が認知度が高いためそのままSSLと呼ばれています。

SSL-VPNはWebブラウザで利用することに目的が置かれて開発されており、クライアントソフトのダウンロードは必要ありません。
そのため、アクセスを要求するユーザーの認証がクリアできれば、社内ネットワークにログイン可能です。
低コストでの導入ができるだけでなく、初期設定も必要が無いためスムーズに導入ができます。

また、ユーザーごとに細かいアクセス制限が実現できるため、内部漏洩やマルウェア感染の対策を行うことも可能です。
例えば、営業マンの社員は顧客データや売上実績、見積書などのデータファイルは利用できる一方、経理が使用する従業員データや入出庫処理データは使用できないなど、細かな設定が可能です。

機能 メリット デメリット
内容
  • 専用ソフトはインストールの必要なし
  • 初期設定や特別な設定は行わない
  • ユーザーごとのアクセス制限が可能
  • 外部からのリモートワークに最適
  • 低コストでの導入が可能
  • 操作性に悩まない
  • 情報漏洩対策
  • 不特定多数のアクセス認証に適している
  • 特定の拠点同士をつなぐ仕組みには、IPSec-VPNの方が適合
  • Webブラウザに対応していないアプリケーションには別途対応が必要

IPSec VPN

特定の拠点同士のネットワークを実現するために、接続網の端にIPsecと呼ばれる通信プロトコルを用いたゲートウェイを設置して、データのやりとりを行う方法です。IPパケットのデータは暗号化されてデータの送受信が行われており、ネットワーク間の通信もスムーズに行われます。

また、インターネットとの情報伝達を行うアプリケーションやOSなどが含まれるトランスポート層より上のプロトコルやソフトウェアへの対応は、特に必要ありません。そのため、SSLに比べるとプロトコルへの通信対応範囲が広いです。

ただし、グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスを変更する技術であるNAT(Network Address Translation)、1つのグローバルIPアドレスを複数のユーザーで利用する動的NAPT、ユーザー認証の方法などにも課題を抱えているため、外部からのリモートワークには向いていません。

機能 メリット デメリット
内容
  • 様々なプロトコルに対応
  • スムーズな通信
  • 特別な対応は必要ない
  • 本社と支社を結ぶ組織間のリモートワークを実現
  • 使用ユーザーとアクセスする場所を限定
  • 情報漏洩対策
  • 導入に大きな負担がかからない
  • 外部からのリモートワークには不向き
  • ファイアウォールとの相性が悪い

VPNベンダーを選ぶ3つの注意点

安全性と利便性を両立したVPNベンダーを選ぶようにしましょう。コスト面はもちろん大切ですが、コストだけに目を向けると安全性や利便性に欠けたVPNを選ぶ可能性が高まるので、まずは機能面に目を向けて製品を比較してください。

安全性

安全性の高いOpenVPNを使用しているか、最高レベルの安全性を誇る256ビットの暗号化技術を用いているかなど、高い安全性を持ったVPN製品を見極めてください。

安全性の低いVPNを選んだ場合、外部からのアクセスを行うたびに情報漏洩のリスクが高まります。企業にとって顧客データや技術データなどの情報資産は、現在最も価値のある資産だと言っても過言ではありません。インターネットの普及により多くの情報が簡単に手に入る現代では、情報の価値が社会で正当に評価されるようになりました。

独自性や技術レベルが高い情報ほど高い価値を誇り、企業の莫大な経済利益と市場での絶対的優位性を支えます。そのため、闇取引において企業の機密情報は高い金銭的見返りが期待できるため、犯罪者の情報資産を狙う攻撃は今後も後を絶たないでしょう。

加えて、内部からの情報漏洩も依然として企業のセキュリティ上の脅威となっています。以前のオフィスへの出勤がデフォルトだった時には機能していた上司や同僚の監視の目も、テレワークの導入と共に無くなりつつあります。

自由度の高い自宅で給料や待遇への不満、人間関係のトラブルを抱えていた場合、個人的な復讐や多額の金銭的見返りのために、情報流出を行っても不思議ではありません。情報漏洩対策を行うためにも、安全なVPNを選ぶ必要があります。

通信速度

拠点間をつなぐVPNゲートウェイは1か所しか設置されず、ユーザーのアクセス地点によってはデータを保存するデータセンターとの位置が遠い場合、通信速度が低下する可能性があります。また、サーバーの数が少ない場合は、多くのユーザーからリクエストが同じ時間帯に集中すると、負荷が大量にかかり処理速度が低下します。

ベンダーが設定している無料トライアルを利用し、製品の使い勝手や通信速度の安定性を確かめてからの本格導入することをおすすめします。

コストを製品を見極める上での最優先項目にしない

無料のクライアントVPNを用意しているベンダーもありますが、コストだけで導入を判断するのはおすすめできません。
無料で利用できるVPNの場合、機能やデータ量の利用制限がある場合がほとんどです。
また、場合によってはデータ通信が暗号化されていない状態で通信のやりとりが行われるVPNもあります。

情報漏洩のリスクが高まるので、無料のVPNを使用するのはベンダーが設定しているトライアルのみに限定しましょう。

クライアントVPNアプリのおすすめを3つ紹介

ノートン セキュア VPN、カスペルスキー VPN セキュアコネクション、Best VPN Proxy Betternetの特徴を紹介します。

ノートン セキュア VPN

1,000万以上のダウンロードを記録し、全世界11万人以上のユーザーに評価されるなどユーザーからの評価が高いクライアントアプリです。
金融機関レベルの暗号処理技術とフリー Wi-Fi の利用時には送受信データの保護を行うなど、セキュリティレベルの高さが光っています。

特徴 メリット
内容
  • 金融機関レベルの高い暗号処理技術
  • 匿名でのWeb閲覧
  • 広告追跡のブロック
  • フリーWi-Fiスポットでのデータ保護
  • 高い安全性
  • 個人情報の保護
  • ユーザビリティの高さ

カスペルスキー VPN セキュアコネクション

100万ダウンロードを突破したコストパフォーマンスに優れたクライアントアプリです。
年間2,900円でアプリを使用できるだけでなく、通信速度を保ちながら安全性を確保します。

特徴 メリット
内容
  • ユーザーの位置情報やIPアドレスの取得を阻止
  • 安全性の低い回線に接続した場合、通信の暗号化を自動対応
  • 通信データやアクセス履歴のログは残さない
  • 個人情報の情報盗取阻止
  • 情報資産流出のきっかけなる証拠を残さない
  • 安全な操作環境の構築

Best VPN Proxy Betternet

アプリをインストールすると個人情報の登録もせずにワンタッチでVPNが使用できる、利便性に優れたクライアントアプリです。
Webサイトやオンラインショッピングを匿名で行えたり、海外のサイトを自由に閲覧できます。

特徴 メリット
内容
  • 個人情報の登録は必要なし
  • 無料で使用できる
  • 匿名でWebサイトを検索できる
  • ワンタッチで接続ができる
  • アクセス地点の最寄りのVPNサーバーに自動接続
  • コストパフォーマンスに優れる
  • ユーザビリティが高い
  • 個人情報の保護
  • 高速通信を実現
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。