03-6276-5612 受付時間/ 平日11〜19時 お問い合わせフォーム お見積り
主な機能
料金プラン
ゼロトラストの実現

SSO(シングルサインオン)

LOCKEDにログインするだけで、仕事に必要な業務システムが簡単に利用出来るようになります。
3500時間

SSO導入で節約できる、パスワード入力にかかる時間

851万円

従業員がパスワード入力している時間の人件費

特徴・機能


覚えるパスワードは1つだけ

詳しくみる

認証方式

SAML連携、代理認証、独自APIにも対応

詳しくみる

複数アカウント

1つのアプリで複数アカウントを管理可能

詳しくみる

拡張機能

ブラウザ拡張機能から簡単にアクセス

詳しくみる

覚えるパスワードは1つだけ

LOCKEDのシングルサインオン画面を示す画像

シングルサインオンを実現する事で、1つのID・PASSで様々な業務システムにアクセス出来るようになります。勿論、PC・スマートフォン・タブレットからもアクセスが可能です。

ID・パスワードを1つにするからこそ、重要なセキュリティ

ID・パスワードを1つにするからこそ、ログインに関わるセキュリティはより強固にする必要があります。 LOCKEDは多要素認証(MFA)・二段階認証を駆使する事でアカウントを堅牢に守ります。

シングルサインオンにおける多要素認証の必要性を示す画像 多要素認証(MFA)でできること

認証方式

SAML認証や代理認証など豊富な連携方法を示す画像

SAML以外の連携方法にも対応

SAMLに対応しているクラウドサービスは勿論、様々な業務システムと連携する事が可能です。
オンプレミスで動作するシステムや、独自のAPIをもつクラウドサービス、その他APIによる連携の仕組みを持たないサービスまで広くシングルサインオンを実現する事が出来ます。

複数アカウント

複数ドメインが混在していても問題ない事を示す画像

様々な契約形態の業務システムが、LOCKEDで一元管理出来ます

契約形態が複雑になっている場合においても、LOCKEDで一元管理が出来るようになります。 例えば、親会社・子会社で異なったクラウドサービス(Gsuite等)のアカウントを持っているのに対して、別のクラウドサービス(Salesforce等)は全社で契約しているような状況です。他にもID・パスワードを複数人で使いまわしているようなケースにも対応出来ます。

グループ会社など複数の契約形態が混在していても問題ない事を示す画像

ブラウザ拡張機能

ブラウザ拡張機能のスクリーンショットに関する画像

1度ログインすれば、ブラウザ拡張機能から簡単にアクセス

LOCKEDのポータル画面を閉じていても、ブラウザの拡張機能があればいつでも連携先にアクセス可能。業務に使用するアプリのブックマーク的な役割も果たします。勿論、拡張機能のセキュリティ対策も細かく調整可能なので、安心です。

シングルサインオンに関する費用対効果を示す画像

セキュリティの向上に加えて、コスト削減にもつながります

シングルサインの導入は、高い費用対効果をもたらします。管理者にとって煩雑になっているID・パスワードの管理工数を下げながらも、業務システムの利用者(従業員)にとってはシステムの利便性・使い勝手を向上する事が出来ます。



さらに詳しい資料はこちら

3分で分かるLOCKEDとは?に関するバナー シングルサインオン(SSO)入門書に関するホワイトペーパーのバナー